小学校低学年の家庭サポートについて

小学校低学年は、新しいことをたくさん学ぶ時期ですね。
もちろん高学年になってもどんどん新しいことは学ぶのですが、文字の書き方やノートの使い方、句読点や計算記号など、基本となることをイチからというよりはゼロから学ぶのですから、本当に大変だと思います。
なので、家庭学習は親御さんのサポートなしでは難しいのです。
それも、できれば繰り返し見てやってほしいのです。
親御さんからすると、覚えるだけなのにと感じたり、さっき説明したのにと思ったりするかと思いますが、本人たちは予備知識や似た経験がないので、忘れてしまうと、本当に思い出すキッカケがないのです。
放っておくと、無理やり勝手な理由や方法をひねり出して、それを繰り返し練習してしまう危険があります。
頑張って時間をかけて間違いを覚えてしまうわけです。
そうなってしまうと修正は大変です。
まだ自分で調べることも難しいので、忙しいときは、せめて見本を置いておきましょう。
自力で調べられるようになるまで、予備知識が増えるまで、特に低学年のうちにサポートすることで、あとがスムーズになりますよ。

sub置換