大学入試改革に見る教育のあり方の変更

大学入試センターが廃止され、2020年度から大学入学共通テストが導入されることになっています。
グローバル化の進展を見据えて、知識だけでなく、自ら課題を発見し、その課題を解決したり、新しい考え方を創出することが重要視されています。
マークシート式のテストでは、これに対応できないと考えられたことから、記述式により実施されます。
この場合でも、マークシート形式の設問も残されますが、より思考力と判断力を問うテストになります。
記述式になると採点も大変で、現制度における入試実施から採点、合否判定、合格発表まで慌ただしい入試日程がさらに厳しくなります。
大学側も共通テスト後に行われる個別試験もこれまで以上に設問を工夫するので、採点も大変になります。
さらに、大学の教育そのものを変える必要性があります。
現在でもアクティブラーニングが重要視されていますが、双方向性の授業が増えています。
しかし、議論をするにしても、それを裏打ちする知識は必要です。
自学自習で身につけていることを前提に大学で授業を受ける反復学習が必要ですが、ある意味、日本のこれまでのあり方そのものの変更を迫られています。

sub置換