大人も教育が大事な時代、社会モラル

教育という言葉は、常に子供へ目を向けられてきました。
しかし、今の時代を振り返れば子供だけが教育を受けた方が良いかと疑問になります。
言わば、大人でも社会モラルに欠如した人が増えている時代になったからです。
年齢を重ね、還暦近くなった人が新入社員として迎い入れる時代でもあります。
年齢が、ある程度達してると性格も固まってしまい、何かあればすぐにキレて会社の雰囲気を壊す事態になり、問題にもなってます。
この様な事では、世間的に孤立してしまい、最終的には生活保護になりかねません。
年代関係なく、教育を受けて実際に仕事に適してるか、また努力する方かを計る企業の目も大事です。
人は年齢関係なく学ぶ事が可能です。
しかし、年齢で性格を改めないのは楽してる証拠で周囲を合わさせる事は我儘になります。
そうならないよう、年齢関係なく企業も教育機関を設けてその人の力量を計り雇用していく事が、日本活性化の原点になるのではないでしょうか。

sub置換